口臭が胃から来ているって本当?

様々な原因で発生する口臭ですが、胃に問題が生じて口臭が起きていることがあります。胃にトラブルを抱えている方は、体調だけでなく口臭にも注意しましょう。

口内ケアで解決しない口臭は胃が原因かも!?

胃から起きる口臭の原因1.消化機能の低下

胃は袋状の臓器で、口から入ってきた食べ物を蓄え、胃酸などの酵素によって消化する働きを持っています。


胃の消化機能が低下していたり、胃炎・胃潰瘍などの病気を抱えていると、食べ物が十分に消化されなくなってしまいます。


すると、残った食べ物が異常に発酵して腐り、アンモニアなど口臭の原因となる臭いの物質を作り出してしまうのです。


このような消化機能の低下が原因となる場合、胃から直接悪臭が立ち込めて口臭となるわけではなく、原因物質が血液の中に溶け込み、血流にのって肺に到達することで口臭が発生してしまいます。


そのため、場合によっては口臭だけでなく、体臭・便臭など様々な場所から悪臭が発生してしまうことがあります。

胃から起きる口臭の原因2.口と胃の間にある弁が弱い

食事をした後に頭を下げたり、逆立ち・でんぐり返しなどをしても、胃に入った食べ物が逆流することはありません。


それは、口と胃の間に弁があり、その弁が逆流を防いでいるためです。


この弁には食べ物の逆流だけでなく、胃の中の臭いを口に運ばない役割も持っています。


そのため、弁の締まりが弱い場合、胃の中の臭いが口の中に逆流し、口臭が起きてしまいます。


特に、飲酒・喫煙・暴飲暴食・ストレスなどによって逆流性食道炎が発症している場合、弁が弱くなっていますので、口臭対策と併せて内科的治療が必要になります。


飲食をしていないのに酸っぱい(または苦い)感じがする、胸焼けがする、胸・喉のあたりが痛いといった症状がある場合には、お近くの医療機関を受診しましょう。

胃からくる口臭に効果的な口臭対策サプリメントとは?

胃と腸は1本の管でつながっていますので、片方の調子が悪いと、もう片方にも悪影響を及ぼしてしまいます。


そのため、胃から来る口臭対策には胃腸を同時に整えることが大切です。


原因1の消化機能が低下している場合は、特に飲酒、喫煙、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足などが原因となります。


体をしっかりと休めて生活習慣を整えながら、腸内環境を整える口臭対策サプリメントを使用することで、効果的に口臭を改善することができます。


特に、悪臭の原因物質を除去・抑制する作用のある口臭対策サプリメントであれば、今体内で起こっている原因にすぐに作用してくれますので、胃の調子が整う前の段階でも効果が実感できます。


原因2の逆流性食道炎の場合、自分で治すことはできませんので、必ず病院で治療が必要です。


自分でできる対策として、できるだけ消化・吸収機能を低下させないようにし、消化器内の臭いを強くしないようにすることが大切です。


特に、腸の機能が低下してしまうと便が溜まり、強い悪臭が発生してしまいますので、腸内環境を整える口臭対策サプリメントを予防的に使っておくのがおすすめです。

また、胃に負担のかかる生活習慣を控え、消化しやすい食事を心がけましょう。

ページの先頭へ