腸内環境に口臭の原因があるって本当?

実は口臭には、腸内環境が原因で引き起こされるものがあります。腸内から口臭が発生する理由と、効果的な対策方法をまとめています。

なぜ口臭に腸内環境が関係するの?

腸内の汚れが口臭の原因に

口臭には様々な原因がありますが、その中でも意外と見落とされがちなのが腸内環境の悪化です。


多くの人は、口臭が気になると「口の中に原因がある」と考えがちですが、歯磨きなどの口腔ケアや消臭効果をメインとしたサプリメントなどを使用していても改善しない場合は、腸内環境による口臭が起きていると考えられます。


生まれたばかりの赤ちゃんの腸の中には、実は善玉菌も悪玉菌も存在していません。

母乳を飲むことによって善玉菌(ビフィズス菌)が定着しますが、段々と大きくなるにつれて、食べる食品の増加や身体的・精神的ストレスの負荷といった様々な生活習慣が影響し、悪玉菌が増えていきます。


成人になるとこの善玉菌と悪玉菌のバランスを取って健康な状態を保っていますが、何らかの原因によって悪玉菌の数が増えすぎた「菌交代」の状態になると、腸の機能が低下し、便や食べ物の残りカス(残渣物)の腐敗が進んで悪臭の原因物質を作り出します。

するとその悪臭の原因物質が血液によって体の中を運ばれ、肺に到着すること、息となって口臭が発生するようになるのです。

悪玉菌増加の悪影響は、口臭だけじゃない!

悪玉菌が増えることで口臭が発生しますが、実は影響はそれだけではありません。

悪臭の原因物質は血液によって体内を流れているため、皮膚に到着すれば汗と一緒に排泄されることで体臭が起きる可能性があります。


また、腸自体の働きが低下していますので、便秘・下痢、腹痛、肌荒れなどのつらい症状が発生し、そこから大腸がん等の病気につながる危険性もあります。


そのため、腸内環境の悪化による口臭が起きた場合には、できるだけ早く対処することが非常に大切です。

特に、下記に当てはまる人は腸の不調による口臭が発生しやすくなっていますので、注意が必要です。

こんな人は要注意

  • 中高年以上の方
  • 女性の方
  • お肉をよく食べる方
  • 野菜やキノコなど食物繊維を食べることが少ない方
  • 食事制限のダイエットをしている方
  • 便秘薬や下剤をよく使う方
  • 抗生物質の薬をよく内服する方

一般的な口臭グッズは腸内環境が改善できない

よく売られている口臭対策グッズは、口の中を清潔にしたり、発生した臭いを消臭することに特化しているため、腸からくる口臭を根本的に解決することができません。


また、善玉菌を増やすだけの薬やサプリメントは、腸内環境の改善はできるものの、悩んでいる口臭をすぐに解消できるわけではなく、口臭の改善には時間がかかってしまいます。


腸に原因のある口臭対策として重要なのは、「口臭ケアも腸内環境改善も、一緒に行えるサプリメントを選ぶ」ということです。


当サイトの総合ランキングで紹介している口臭対策サプリメントは、腸からくる口臭に特化して開発されたものですので、口臭も腸内環境も一緒にケアすることができます。

ページの先頭へ